富山の面白方言をいろいろ紹介しています

だら

富山弁:だら 意味:馬鹿、あほ

富山ではかなりポピュラーな「だら」。意味合い的には馬鹿、あほに近いですが、悪口や喧嘩言葉よりも愛情を込めた表現に近い気がします。特に大人になってから言われる「だら」「だらぶち」「だらぶつ」に助けられた方は多いのではないでしょうか。

※「だらぶち」「だらぶつ」は「だら」と同じ意味です。富山県内でも言い方が様々あります。

富山弁会話

本人:「約束の時間に遅れてすみません。」

富山県民「だらぶつ!はよ、準備しなさい。」

翻訳

叱られていますが、怒られてはいない感じがします。大人になってからは中々叱ってくれる方がいなくなってきますが、「だら」と本気で叱ってくれる人は大切な仲間では無いでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

ページ上部へ戻る