富山の面白方言をいろいろ紹介しています

カテゴリー:富山弁講座

やこい

富山弁:やこい 意味:やわらかい 「やこい」は柔らかいという意味です。「柔らかめ」のことを「やこめ」とも言います。

詳細を見る

あんよ

富山弁:あんよ 意味:あし 先日の入学式での出来事。 「今から集合写真を撮ります。手は足に上においてね~。背筋はピーンと伸ばして、背もたれにはよしかからないでね。ではいきま~す。

詳細を見る

ばやく,わやく

富山弁:ばやく,わやく 意味:散らかっている,山積している 今日も富山弁講座(方言)を楽しく言ってみましょう。今日は「ばやく」です。「わやく」と言う方もいますが、「ばやく」を使われている方が多い気がします。

詳細を見る

だやい

富山弁:だやい 意味:だるい、めんどくさい、しんどい 「だやい」はかなりの富山県民が使っている気がします。結構ポピュラーな富山弁です。

詳細を見る

まいどはや

富山弁:まいどはや 意味:こんにちは 「まいどはや」は「こんにちは」という意味です。

詳細を見る

またいする

富山弁:またいする 意味:大切にする、しまう、片付ける 「またいする」は富山県民がよく使います。「大切にする」と「片付ける」の意味をつなげた感じです。片付ける(しまう)=物を大事にするという意味もあります。

詳細を見る

うぞい・おぞい

富山弁:うざい、おぞい 意味:良くない、汚い、みすぼらしい、劣っている、情けない、貧相、悪い うぞい(おぞい)は一言では「これ」とは一言では言えませんが、良くない、汚い、みすぼらしい、劣っている、貧相、悪いと言ったニュアンスの表現言葉です…

詳細を見る

だいて

富山弁:だいて 意味:出して とある宴会場での出来事。会社の忘年会、酒の勢いもあり、ワイワイガヤガヤ盛り上がっている所を想像してください。

詳細を見る

なんば

富山弁:なんば 意味:唐辛子  「なんば」は富山では「唐辛子」の事を指します。赤唐辛子は「赤なんば」、青唐辛子を「青なんば」と呼んでいますよ。ちなみに食卓に並ぶ調味料の「七味唐辛子」「一味唐辛子」も「なんば」と呼んでいます。

詳細を見る

とっぺ

富山弁:とっぺ 意味:とうふ  昔は近くの商店街に豆腐屋さんがありました。今から30年程前のことです。テレビで良く見る光景ですよね。ボール(豆腐をいれるもの)を持って買いに行った記憶があります。「とっぺ」は富山弁で豆腐のことです。

詳細を見る

最近のコメント

ページ上部へ戻る